装飾左

更年期障害

装飾右

更年期障害について

並木に降り注ぐ日光

突然体が熱くなる、疲れやすい、首や肩の凝りがひどい、モヤモヤ・イライラして気が晴れない、などの症状はありませんか?

日本人の女性の閉経は52歳と報告されています。
一般的には閉経の前後5年の計10年間を「更年期」と呼んでいます。
この時期は様々な不快な症状が出現することがあり、症状が辛い方は「更年期障害」として治療の対象になります。
更年期障害の主な原因は卵巣機能の低下ですが、更に加齢に伴う身体的変化や精神・心理的な要素や、社会的な環境変化などが合わさることで症状が出現すると考えられています。
その一方、更年期障害だと思っていたら実は他の疾患による症状であった、という事もあり、当クリニックでは問診や検査により慎重に判断していきます。

治療法

1.ホルモン補充療法(HRT)

積み木

女性ホルモンを摂取する方法で、即効性が期待できます。内服や貼り薬、塗り薬などがあり、ご自分に合った方法を相談しつつ決めていきます。

2.漢方療法

HRTができない方(乳がんの既往など)や、HRTを希望されない方は漢方療法を行います。
更年期は東洋医学的には「腎」の衰退が本質にあると考えられています。
「腎陽」もしくは「腎陰」のいずれが強く虚しているか、は症例によって異なります。
つらい症状をお聞きし、診察をした上でその方の証に合った漢方を処方いたします。

3.プラセンタ療法

メルスモンというプラセンタを注射する方法です。
メルスモンを定期的に注射することで、更年期障害に効果が出ると言われています。
投与する頻度などは診察で決めていきます。

お気軽にご相談ください。

医院名

みたか北口ゆきレディスクリニック

診療科目

婦人科

住所

〒180-0006
東京都武蔵野市中町1-17-2
ステラ武蔵野3階

TEL

0422-56-7177

最寄駅

三鷹駅北口より徒歩2分

診療時間

日祝
9:30~13:00
15:00~18:30

休診日:火曜、土曜午後・日曜祝日